車

失敗しない板金業者選びについて ≫ トップページ

復元に必要な板金技術

戦後、日本は著しい経済成長を遂げましたが、その背景には国産車の開発成功により
日本が戦後自立できたといっても過言ではありません。
車は、とても便利で人の生活、仕事の幅を広げましたが
一方で鉄の塊が走っているため、危険がつきものです。
多くの人が事故に巻き込まれたことや
不幸一にも事故の当事者になってしまったことがある人もいるでしょう。
その時に凹んだボンネットや壊れたドアなどを修復する時に板金技術が必要になります。
金属を切断したり曲げたりして加工し、
金属の厚さを調節することで様々な形状に復元できます。
多種多様な素材であるために切断やくり抜き方法、形状変化加工、厚みとのバランス等、
専門的な知識を要します。

このように板金技術が多くの車を修復し元通りにしてくれることで
安定したカーライフを取り戻せます。
多くの会社があるため何社か見積もりをとって、相談してみることもいい方法でしょう。
また、板金の方法や技術などをできる範囲で調べてみることも大切です。